中輪で房咲きになり、花付きよくシーズンを通して庭を彩ります。ハイブリッド・ティに比べると株がやや小ぶりでコンパクトにまとまりやすいものが多く、庭の前面や鉢植えでの栽培にも向いています。ピーク時には株が花で覆われるほどになる姿は素晴らしく、庭作りにも欠かせません。