バラの品種には「庭用バラ」と「切り花用バラ」の2種類があります。それぞれのバラは生産者にとっては明確に区別されていますが、この2つの価値感の異なるバラを交配させることで誕生します。それぞれの優れた特性を引き継ぎ、コンパクトな樹形、四季咲き性、多様な咲き方、芳香や花持ちなどにも特徴のある、新しい風を感じさせるシリーズです。